2008年09月07日

イティハーサ

SFマンガの名作「イティハーサ」である。
第31回2000年度星雲賞をコミック部門で受賞している。
なぜ今この作品を取り上げたのか、それは以下の理由による。

先日、嫁と「マンガと小説の表現方法について」話していた。
その中で「小説家がこぞってマンガならでは表現」と舌を巻くカットがこの作品にある。という話になった。
その時「イティハーサ貸したよな?」と僕が言うと、嫁は「読んでない」と答えた。
「確か貸したよなぁ」と思いながら「あれは是非読むべきだ。読みなさい」となり、嫁に全7巻を渡したのだった。

嫁が読んだ後、僕もまた読み返したくなったので読んだ。
以前読んだ時は、分かった気でいたが、理解していなかったことにびっくりした。
これは読んだ後の人生経験が大きいと思う。
以前読んでから6〜7年経っていると思うが、その間僕は人生最悪の時を過ごした。
今はちょっと上向きであるが、まだまだ以前のようにはいっていない。
そんな僕がこのマンガから凄いパワーを貰った。
連載開始から物語の終了まで13年の月日を要した。
その間、「…どの作品も手を抜かなかった。その時にできる限りの努力はした…」とは作者の言葉だ。
そして僕の心に「これは是非ブログで紹介せねば」という使命感がメラメラと燃え始めたのだった(笑)

古代日本を舞台にした物語は「その答えを/求め続けると/気のふれる問いがある」というパラグラフから始まる。
ちなみにタイトルの「イティハーサ」はサンスクリット。意味は「それはそのようにして」とか「歴史物語」とからしい(どちらもネットで検索したので真偽の程は不明)。
「目に見えぬ神々」を信奉する人々が暮らす古代日本に外國から「目に見える神々」がやってくる。
「目に見える神々」には「亞神(あしん)」と「威神(いしん)」の二通りおり、
亞神は善を好み、聖を欲し、平和を望む。
威神は悪を好み、魔を欲し、破壊を望む。
この神々の戦いに目に見える神々を信奉する人々は巻き込まれていく。
透祜(とおこ)、鷹野(たかや)、青比古(あおひこ)の暮らす村も威神の徒党に襲われる。
生き残った三人は、亞神である正法神・律尊(りっそん)の信奉者と行動を共にすることになる。

と物語のはじまりはこんな感じである。
そこに真言告(まことのり)、波長(ひびき)など作者こだわりのネーミングのSF的ガジェットが存在する。
“日本語”には「音」と「意味」が別々に在る。物語の登場人物やガジェットには、その二つの要素が巧みに取り入れられている。
この物語を読んで「漢字とひらがなのある国に生まれて良かったなぁ」と思ったりもした。
韓国の人々はハングル文字を発明したことにより、この楽しさを捨ててしまったんだなぁ。

とにかくSF好きなら読んで損はない物語である。
ファンタジー好きも気安く入り込める物語となっている。

てな訳で五段階評価で当然★★★★★。
posted by smoky_air at 15:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

最近聴いているもの:2008.9.3

浅井健一率いるSHERBETSの10周年記念ライブのCD。
2008.3.10の東京ドームシティ JCB HALLで収録。
内容は1stアルバム(この時はまだ浅井健一のソロプロジェクトだったんだけど)「SEKILALA」から、最新マキシシングル「GOD」までの作品から選ばれた15曲となっている。

もう10周年なんだなぁ。

僕は自他共に認める浅井健一フリークなので客観的な感想は言えない(笑)。
ただ浅井健一の決め台詞「Let's PARTY」の後の曲が「トライベッカホテル」ってのはどうなの?
これは「HIGH SCHOOL」の前に言って欲しかった。



バンド活動の休止を宣言したELLEGARDENのベスト。
僕は「Fire Cracker」でエルレを知ったにわかファン。
なのでほとんどの曲は初めて聴いた。
いいねぇ、こういうガツガツしたの最近なかったんだよね。
でも活動休止なんだよなぁ。残念。早く帰ってきてください。



女性の中村あゆみが男性アーティストの曲をカバーするという、徳永英明の「VOCALIST」のパクリみたいなCDである(ファンの人、関係者の方々すいません)。
僕は中村あゆみは「翼の折れたエンジェル」しか聴いたことなかった。
では、なぜ買ったのか?
それは「朝のヒットスタジオ」に出演した中村あゆみを観たからだ。

このアルバムの中に尾崎豊の「シェリー」が収録されているが、「シェリー」は尾崎の曲の中で一番好きな曲だ。
その「シェリー」を歌う中村あゆみがたまらん程格好良かった。
他の曲も格好いい。



名盤「THE POWER STATION」の紙ジャケ仕様である。
かなーり前から「THE POWER STATION聴きたいなぁ」と思っていたところに紙ジャケ仕様の発売。
僕は迷わず食いついた(ちょっとは迷えよ)。

やっぱり格好いいな。
ボーナストラックでリミックスとか色々入っているけど80年代色バリバリである。
当時を知らない人も聴いて欲しいアルバムだ。


ASIAN KUNG-FU GENERATIONのマキシシングル、じゃなくてアルバムだった。

アジカンのCDは安心して買えるなぁ。
ちゃんとアジカンしている。
posted by smoky_air at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケロロ軍曹 1巻

「ケロロ軍曹」である。
この作品はアニメ化もされており、作品自体も第50回(平成16年度)小学館漫画賞を受賞している。
まず始めに、なぜ今頃この作品を買うことになったか。そのいきさつを説明したいと思う。

それは2〜3年前のことだった。僕は横浜の実家にある用事で帰ってきていた(当時は大阪で働いていた)。
ある晩僕は中学時代の友人4人と飲みに行くべく、友人の運転する車に乗っていた(ドライバーのやつは全く飲めないのでこういうところは便利)。
その車内で、ドライバーをしているやつのケータイにメールが来た。
そいつはメール着信音をガンダムのタイトルコールの効果音にしていた。
その時、別の一人が呟いた「脱出」と。
車内は爆笑。その後店についてもガンダムネタで盛り上がり、話の流れで僕が「かってに改蔵」を読んでると「ガンダムの小ネタがちりばめられてておもろい」と言ったら、「じゃあ、お前にはケロロ軍曹を薦める」と言われたのがケロロ軍曹と出会うきっかけであった。

大阪に帰り、TSUTAYAに借りに行ったらDVD全部レンタル中だったので、もう一軒のレンタルショップに行った。
そのレンタルショップはビデオ、DVDはもちろんマンガも置いてあるのだ。
DVDコーナーでケロロ軍曹がないことを確認後、マンガコーナーに行ってみた。
するとケロロ軍曹があるではないか。で、速攻借りてきた。
面白かった。
結局そのレンタルショップで当時発売されていた12巻までは読破した。
(「ケロロ軍曹」以外にも「輝夜姫」や「うしおととら」など多数お世話になった)

最近横浜に引っ越すことになりそのレンタルショップとはおさらばすることになった。
そのレンタルショップは全国展開ではなく、ここ横浜にはなかった。
先日ふとした拍子に「ケロロ軍曹」が読みたくなり、マンガ喫茶に行く気にもならずついに購入に至った訳である(マンガ喫茶はなんとなく入りづらいので)。

物語は、ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から、地球(ポコペン)侵略の先発隊として送り込まれたケロロ軍曹率いる宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊・ケロロ小隊の活躍(?)と、ケロロ軍曹を発見してしまった日向家の人々との日常が画かれている。

パロディは読み手に知識が要求されるが、僕は幸いにもそれをクリアしていたようだ。
元ネタは、ガンダムはもちろん、エヴァンゲリオン、うる星やつら、藤子・F.・不二雄作品など多岐に上る。
これらの作品のファンの人は是非読んで欲しい。おもわず微笑む自分を発見できると思う。
続きを読む
posted by smoky_air at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

BRÄDA

IKEA.jpg

こんなものを買った。

ノートパソコン(ラップトップ)を膝に乗せて使用する時便利。

ちなみにこのエントリもこれを使って書いてたりする。

横にポケットがついているがiPhone 3Gは入らなかった。

パソコンからの熱は遮断するが、体温は逃げない。

よって膝が温かくなる(熱くまではいかない) ことは避けられないのだった(笑)

ラベル:Mac ikea
posted by smoky_air at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

崖の上のポニョ

昨日嫁と「崖の上のポニョ」を観てきた。

スカイ・クロラ」と天秤にかけたが、嫁の意向でポニョになった。


良かった。万人に勧められる映画だ。

夏休みにジブリ映画を観に行くという危険なことをしたが、あまり邪魔はされなかった。

ゲド戦記」の時は小学校高学年のグループがいてうるさかった。映画もダメダメだったしなぁ。

途中ポニョが波の上を走り宗介を追いかけるシーンで映写機が止まる、という貴重な体験をしたがそれもまた良し(笑)。


とにかく画がイイ。観てるだけでほのぼのしてきて頬がゆるんでしまった。

全て手書きという宮崎駿のこだわりが詰まってる。

なんてったって直線がない。建物の壁とか本来直線のところにすべてアールがついてる(笑)。

それがほんわかとした雰囲気を作り出してる。


それにしてもポニョは一緒に産まれた兄弟はいないのだろうか?

あんなに妹がいるんだからいてもいいのに。


そしてリサ(宗介のお母さん)はどこであのドライビングテクニックを身につけたのか。

横に「藤原とうふ店」と書かれたハチロクが走ってても違和感ないぞ!

ドリフトするシーンとか「カリオストロの城」の冒頭のシーンを思い出させる。

そしてポニョが魔法を使う時の顔は「となりのトトロ」のようだ。


てな訳で五段階で★★★★★。

ラベル:宮崎駿 映画
posted by smoky_air at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

西の魔女が死んだ

裏表紙のあらすじも読むことなく、この作品に関する知識は全く持たずに読み始めた。

日本児童文学者協会賞新人賞や新美南吉児童文学賞などを受賞し、映画化もされていたなんて全く知らんかった。

「西の魔女が死んだ」というタイトルのインパクトは大きい。

しかしこの物語のタイトルとしては不適当であったのではなかろうか。

「西の魔女が死んだ」という語感が与えるイメージはダークでソリッドだ。

しかし、この物語が教えてくれるものはもっと柔らかく温かい。タイトルのイメージで読み進むと次第に違和感を感じてしまう。

読後はひさびさにほのぼのとした気分になった。

てな訳で五段階で★★。

posted by smoky_air at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

GUNSMITH CATS BURST 4巻

先日「ブラック・ラグーン 8巻 」で言及したガンスミである。

リンクを張ろうとamazonで検索したら4巻が出ていることが判明し、購入。

今回はカバーに描かれている通り、前シリーズでラリーの最大の敵だったイタリアン・マフィアの幹部“鉄のゴールディ”が登場。

ゴールディは前シリーズでラリーに左頬から後頭部にかけて打ち抜かれ、部分的に記憶が欠落している。

しかしあっちの方の趣味は変わっていないようだ。

前シリーズでゴールディに「つめ物にも気づかんヤツが失明したところで気にやむつもりはないよ」と言われたデニス君はいつの間にかゴールディの片腕となっている。

人間がんばれば報われるということか。

内容についてはネタバレになるので言及はしないが、正直ゴールディの再登場はどうかなぁと思う。

ラリーに対してどんな行動を取るかは今後の見所ではあるが、記憶喪失なので基本的なアプローチは変わらんような気がする。

それよりも新しい敵役を作った方がいいんじゃないかなぁ、と思った次第である。

てな訳で五段階で★★★。

posted by smoky_air at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

ブラック・ラグーン 8巻

ブラック・ラグーンもついに8巻。

そしてアニメ化第3弾おめでとうございます。

8巻は7巻に続き、「フローレンシアの猟犬」の異名を持つ元テロリストである必殺メイド(と帯に書いてあった)ロベルタの活躍(?)がメイン。

拾ってくれたディエゴ・ラブレスを米不正規戦特殊部隊“グレイフォックス”に爆殺され、復讐に燃えるロベルタ。

ロック、レヴィらの手を借りて、ロベルタを止めようとするディエゴ・ラブレスの息子ガルシア。

そして悪徳の街ロアナプラならではの秩序を守ろうとする、バラライカ率いるロシアン・マフィア“ホテル・モスクワ”。

次巻ではこの4組の戦闘が繰り広げられる(はず)。

てな訳で五段階で★★★★。

ところでロベルタもレヴィも撃ちまくってるけど予備の弾倉はどうしてるんだろう?

レヴィのあの服装では予備のマガジンを携帯出来ないと思うんだけどな。

そう言えば、園田健一の「GUNSMITH CATS BURST 3」でラリーがマグチェンジを考えれば2挺拳銃は意味ないと言っていた。

実際のところどうなんだろうな。

一度、広江礼威と園田健一の対談でもしてくれんかな。

ちなみに虚淵玄によるノベライズも同時発売されている。こっちは未読なのでレヴューはなし。


posted by smoky_air at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライドバック

3巻までは読んでいたのだが、なんとなく買わなくなっていた。

アニメ化と知り4〜8巻まで購入。


2020年、学生たちによる反政府運動が活発となっており、世界情勢も混沌としている時代。

主人公は尾形琳。母親は超有名ダンサー尾形遊紀(2014年の震災で死亡)。

尾形林はバレエダンサーを目指していたが、母親と比べられたり、オーディションで得た役を練習中に怪我して降板したりして以前ほどバレエに打ち込めなくなっていた。

そんな時ライドバックという乗り物に出会う。

初めて乗ったその日から素人とは思えないライドを見せる(実は自転車にも乗ったことがないという設定)。

ライドバックに乗るのが好きというだけで主義主張のない琳だが、ある事件をきっかけに反政府運動のイコンに祭り上げられたり、GGFと言う国連と対立する組織に入れられたりする。


読んでいて驚くのが琳の直感力のすごさ。キーファと言うキーパーソンがいるのだが、なぜか琳は彼の気配に敏感。

でも警察に捕まった後に送られたGGFでは彼の存在に気づかなかったりする(この物語の日本では犯罪者はGGF送りにされる)。

8巻以降は琳にも自己というものが確立されていくようだ(というかそうなるといいな)。

8巻まではこの世界の情勢を描くのに終始していた感じ。

これまで流されるままに生きてきた琳がこれからどうするかが見物。


そしてさらに凄いのは、この作者のメカに対するこだわり。

あらゆるタイプのライドバックおよびメカに詳細な設定がある(ケータイもなかなか面白いデザインになっている)。

そこらへんは士郎正宗に通じるところがある。

てな訳で、今後の期待も込めて五段階で★★★。


posted by smoky_air at 05:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

ばいばい、アース


「マルドゥック・スクランブル」「マルドゥック・ヴェロシティ」の冲方丁初期作品である。 ジャンルとしてはハイ・ファンタジーになるのかな。帯にもそう書いてあるし。

主人公はラブラック=ベルという名の少女。
物語の展開される世界には様々な種族(水角族、月歯族、弓瞳族、水族、蛍族、etc)がいるが、ベルだけは唯一普通の人間の姿をしてる。 物語は自分の容姿にコンプレックスを持ち、湧き上がる郷愁を感じているベルが、自分の由縁を求める為に様々な人(といっても普通の人間の形態をしてるわけではない)と出会い、成長していく姿を描いている。

ところで、この物語に出てくる種族の名には全てルビが振ってある。 このルビの振り方が素直じゃない。 解説にもあるが、英語、ドイツ語、イタリア語、ラテン語、和語などが入り乱れているのだ。 作者なりの意図があるのだろうが、はっきり言ってうざったい。一つの言語にした方が、統一感があって僕は好きだ。
また、出てくる種族の姿形に関する詳しい描写はほとんどないので、どこがどう人と異なるのかがよく分からん。
種族名から適当に判断して想像するしかない。もう少し描写して欲しいところであった。

主人公のベルは冒頭から「自分の由縁を知るために旅の者(ノマド)」になると宣言し、師匠であるラブラック=シアンと分かれるのである。 ここまで読むとベルが自分の由縁を知るための旅が始まるのだな、と思うのであるがそれは違った。 物語はほとんど旅の者になるために必要なことをするために訪れた都市(パーク)で展開されるのだ。

これ以上書くとネタバレになるので書かないが、気になった点をいくつか。 ・シアンとキティ・ザ・オールは何故ベルが「理由の少女」だと分かっていたのか。
・この世界が「○○の為の○ー○○ー○」と言う設定には思わず笑ってしまったが、他の国はどう位置付けたらいいのだろうか。
・ベルは直感と導き手(ガイダンス)によって何の苦労もなしに様々な事柄を理解していく(なんて便利な設定)。(最初は師匠のシアンの教えが、必要な時に記憶から引っ張り出されるのだと思っていたが違った)理由の少女であるベルに導き手がいるのはいいとしても、ギネスにまで導き手がいるのはどういうことか。

と、まあどうでもいいことをつらつらと書いてしまったが、デビュー二作目ということなのでこんなもんということにしておこう。

てな訳で五段階で★★。
posted by smoky_air at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。