2008年10月29日

光の海



借りて読了。

秀逸な作品である。
あれ? もしかして少女マンガをレビューするのは初めてか?
あ、「イティハーサ」があったか。
でもイティハーサはSFとして読んでいたので“少女マンガ”をレビューするのは初めてと言ってもいいだろう。

収録作品は以下の通り。

 「光の海」
 「波の上の月」
 「川面のファミリア」
 「さよならスパンコール」
 「水の国の住人」

で、物語の方はと言うと、時間も場所もバラバラ。それらの物語を結ぶのは“人魚”。
人魚と出会うの事がほとんどないと思われる話から、人魚を保護する法律が出来上がってる話まである。
場所も特定はされていないが言葉のなまりから(たぶん)関西圏から九州まで。
主人公も20歳前後の青年から、80歳くらいと思われる老婆(と言っても人魚と出会った時は20歳前と推察される)までと範囲が広い。
一つの作品以外はどの作品も“切ない恋”を描いている。あと一作は家族愛かな?

“ほんわか”だけでなく“しんみり”もできる。
「読んで良かったなぁ」と素直に言える一冊である。

てな感じで五段階評価で★★★★。
posted by smoky_air at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

敵は海賊・正義の眼



帯によると「10年ぶりの傍若無人」らしい(もっとも一年間積読状態だったので僕にとっては11年ぶり(笑))。

舞台はタイタンの首都メカルーク。
市警警部のネルバルと広域宇宙警察の実習生サティが現場で目撃したのは八体の惨殺したいと「海賊を始末した」という犯行声明だった。
最初は簡単と思われた事件解決だが、監視映像に犯人が映っていない。という不可思議な現象を前に市警の面々は戸惑う。

一方海賊課刑事のアプロとラテルは「海賊に間違われた」という同僚刑事セレスタンの通信を受け、貨客船ハウバウアーに急行する。そこでもまた監視映像に犯人が映っていないという現象が生じていた。

とこんな感じで始まる「敵は海賊・正義の眼」。
ふと思い返すと「海賊版」では、ヨウ冥・シャローム・ツザッキィと海賊課のラウル・ラテル・サトルとは良いライバルだと思っていた。しかし、いつの間にやらヨウ冥の存在がでかくなり過ぎて、ラテルが単なる一刑事になっているのが寂しい(ところで、ラウル・ラテル・サトルはどこまでが名前でどこからが名字なんだろう)。

正義の眼の正体はがっかりだったが、最後のヨウ冥の手紙には笑ってしまった(神林先生ごめんなさい)。だって自分の良心を具現化したクラーラを自ら撃ち殺した(と記憶してるけど違うかな?手元に海賊版がないので確認できない)ヨウ冥があんな文章書くとは思わなかったんだもん(笑)

そんな感じで五段階評価で★★★かな。
ラベル:神林長平 小説 SF
posted by smoky_air at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多重人格探偵サイチョコ 1〜3巻


…0。カウントダウン終了

ついにこのエントリを書く時がきた。
「多重人格探偵サイコ 1巻」の最初のレビューを書いたのが2008/9/13だからもう一月以上経過しとる(笑)
その目的は、そう、この「多重人格探偵サイチョコ」のレビューを書くことだったのだ。ああ、長い前振りだこと。

このサイチョコは全編本家サイコのパロディである。
よってサイチョコを最大限に楽しむには本家サイコの熟読が必要となるのである。
パロディであるので死んだキャラも活躍しており、本編では一瞬で死んだ「田辺友代」などのキャラが、本編では後々の話でも出演して良い味出している。

サイコファンなら読んで損はない。

そんな感じで五段階評価の★★★★。
posted by smoky_air at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多重人格探偵サイコ 5〜12巻


ちなみに上記の中に多重人格探偵サイコ (7)はありません。苦情はAmazonへ(笑)

再読。
えーとこれまで一冊ずつレビューを書いてましたが面倒くさくなったので既刊ひっくるめてレビュー(笑)。

「ルーシー7」とか「ミッシェル・パートナー」とか新キャラが出ては消えていく。「梅見屋明夫」とか懐かしいキャラも出ては消えていく(笑)。

これまでのまとめみたいなことをしてるので、そろそろ終焉も近づいてきたかなって感じ。
まあ、ツッコミどころはたくさんあるけどね。「伊園若女」=「伊園磨知」は何歳なんだ?とかね。
そこら辺はあえて控えて、プログラム人格(単なるプログラム人格ではなくなってきたが)「雨宮一彦」と雨宮一彦監視人格「伊園磨知」とのプラトニックな愛がどうなるか、を楽しみに次巻を待つことにしよう。

ここら辺は初期のテンションから下がってるので、五段階評価で★★★くらいかな。

で、カウントダウンも一気に進んで…8,7,6,5,4,3,2,1。
posted by smoky_air at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

多重人格探偵サイコ 4巻

多重人格探偵サイコ (4)

「多重人格探偵サイコ」の4巻。再読。

前巻のラストでブチ切れたカメラマン渡久地菊夫。この巻では何をするのか?
それは読んでのお楽しみ。

「これだけかいっ!」というツッコミを食らいそうなので、もう少し言及してみる。
この巻の帯には「渡久地狂乱」と記されている。本当に狂乱しているのだ。
(もっともこれは初刷の帯なので、今もそう記されているかは不明)

と、今回はこれだけ。五段階評価で★★★★★。

そしてカウントダウン…9。
posted by smoky_air at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多重人格探偵サイコ 3巻

多重人格探偵サイコ (3)

「多重人格探偵サイコ」の3巻。再読。

前巻までで語られたのは、バラバラ殺人の「島津寿」、カニバリズム殺人の「田辺友代」、フラワー殺人の「上野達」、そして伊園犯罪研究所で雨宮一彦として働いている4人には左目にバーコードがあるという共通点があること。
雨宮一彦の中にいる「西園伸二」「村田清」「雨宮美奈」「小林洋介」、そしてこの巻で現れる「桜井琴音」という人格の元となる人物は、20年前に雨宮診療所で実際に殺人を犯した「西園伸二」と犯人とされた「村田清」以外は殺されていたこと。
学窓会(ガクソカイ)、ルーシー・モノストーン(故人)といったキーとなる組織、人物がバックにあるということ。
などなど。

この巻では梅見屋明夫という殺人者と警視庁公安4課の鬼頭日明(ちなみに伊園磨知の元彼)という新キャラが登場。
次第に雨宮一彦の過去が明らかになっていく(ような雰囲気)。

で、忘れちゃいけないのは巻末近くで雨宮一彦が伊園磨知と海を眺めているシーン。
カーラジオから流れてくる曲は「水色」by Blankey Jet City。
沈みゆく夕日を眺めながら、「いつの日かみんなどこかへ消えてしまう気がする…」(本当は「いつの日にか」なんだけどね)という歌詞に雨宮一彦が自分を重ねる。
ブランキストならではの選曲である(ちなみに僕は2000年7月8日の“LAST DANCE”に行った。残念ながら9日はチケットとれなかったけど)。

てな感じで五段階で★★★★★。

そしてカウントダウン…10。
posted by smoky_air at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

僕のiTunes環境

iTunesがヴァージョンアップして8になった。
変更点についてはAppleのHPを見てもらうとして、僕にとっての問題点は以下の2点。
・リスト表示の時にジャンルを消す設定がない。
・Apple Storeへのリンクを消す設定がない。

僕と同じような事を考える人達がいるとみえ、こんなツールがWebにアップされている。
それが「Tune-up iTunes 8」である。
設定画面はこんな感じ。

Tune-up iTunes.jpg

パッチをあてた後のiTunesのリスト表示はこんな風になる。
ちゃんと“ジャンル”と“iTunes Store”へのリンクがなくなってスッキリしてる。

iTunes.jpg

ついでに僕は“Quicksilver”“Growl”を使って曲情報を表示させているのだが、普通にQuicksilverとGrowlをインストールした場合はレートが表示されないという欠点がある。
これを解決するには“GrowlTunes”というアプリケーションが要る。
このアプリケーションはGrowlを解凍したボリューム内にある“Extras”の中にある“GrowlTunes”に入っている。

Growl.jpg


これを使うとGrowlでこんな風にレーティング付きで表示される。

GrowlTunes.jpg

posted by smoky_air at 09:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

多重人格探偵サイコ 2巻

882579B4-60A8-4EC4-B218-57E194AB0C47.tiff

「多重人格探偵サイコ」の2巻、再読。

雨宮一彦(本当の人格ではないがとりあえずこう言っておく)の中には多数の人格がある(なんせタイトルが多重人格探偵だからね)。
前巻でも出てきた西園伸二、村田清、そして(消えてしまったが)小林洋介。
そしてこの巻で出てくるのが雨宮美奈(彼女は盲目なのに字が書けたりする)。
これらの人格は物語の設定から20年前の雨宮診療所に繋がる。

てな感じの2巻は五段階評価で★★★★★。

そしてカウントダウン…11。
posted by smoky_air at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多重人格探偵サイコ 1巻



「多重人格探偵サイコ」の1巻である。
再読した。
何故“今”なのか、それはラストのカウントダウンを見て欲しい。
それが“0”になる時に分かるだろう。勘のいい人だったらすぐに分かるかもしれない。

物語は、バラバラ殺人あり、カニバリズム殺人あり、フラワー殺人(個人的にはこの発想は凄いと思った。こんなの考える人っているんだな)あり、の要するに次々と起こる猟奇殺人事件を多重人格探偵である“雨宮一彦”が解決する。
という形式で進む。もっともそんな設定は今となっては関係なくなってるのだが(笑)。
そして“殺人者”にある共通点があることが分かる。そのある共通点については後々描かれるので読もうとする人はワクワクしながら読み進めて欲しい。

そんな物語であるのでグロテスクな描写は至る所にある。田島昭宇が描く線はスタイリッシュであまりグロくないが、こういう系統が嫌いな人は読まない方が良いと思う。

でも僕はこういう描写は全く平気、と言うより結構好きで「夢幻紳士 (怪奇篇)」とか「秘密―トップ・シークレット」なども好きだったりもする。

そんなこんなで五段階評価で★★★★★。

そしてカウントダウン…12。
posted by smoky_air at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

ケロロ軍曹 2巻

買った。
やっぱり面白い。

この巻でケロロ小隊5人(5匹?)のうち、4人が揃う。
相変わらすケロロは掃除したり、ガンプラ作ったり、地球(ポコペン)侵略作戦を練ったりしている。

と、まあこの手のマンガ(小説も)ストーリーを云々するものではないのでこれで終了。

てな訳で五段階評価で★★★★★。
posted by smoky_air at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。