2009年07月21日

書籍のデジタル化 —閲覧編・iLiadが来た—

以前「書籍のデジタル化」というエントリを書きました。
その後何冊かデジタル化して、iPhoneで読んでいたのですが、あまりにも手間がかかりすぎるので、他の方法を模索していました。
手間がかかるのは「PDF→iPhone用コンテンツ作成」なので、PDFをそのまま読めるデバイスはないものか、と探していたら見つけました。
それが「The iLiad Book Edition
サイトのスペックを見てもらえたら分かりますが、768x1024の解像度で16階調表示(液晶と違いバックライトが要らないので眼に優しい(笑))。しかも内蔵メモリ以外にも、USBメモリ、MMC、CFカードなどが使えます。

実物がこれ
L1010230.JPG
画面サイズは文庫本より若干大きいです。なので、文庫本から作ったコンテンツならば、実物より大きなサイズで読めるわけです。

前のエントリでレビューした『エンダーのゲーム』は初読はiPhone、再読はiLiadでした。
読んだ感想としては、iPhoneだと文を読んでいる感じ、iLiadだと文章を読んでいる感じ、でした。
実際に本を読んでいる時は、一字一句を追って読んでいる訳ではないので、文章全体を一目で把握できるiLiadの方が、読みやすいと感じました。
ちなみにiLiad用のコンテンツは「ChainLP」を使って、768x1024の画像サイズのものを作成し、PDFをフル画面表示出来るIPDFを使って読んでいます。快適です。
posted by smoky_air at 09:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スモーキー、

英語の歌やコミック本の私も..日本のマンガ本をたくさん読んで、おそらく、僕らはそれについて話し合うことができる多くの..好きなのだ。 :P
Posted by Angie at 2009年09月01日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。