2009年05月21日

『時砂の王』


"時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)" (小川 一水)

第六大陸』(未読)などで注目されている小川一水の時間SF。

A.D.2536年、人類がETと呼ぶ、謎の増殖型戦闘機械群によって、地球は壊滅させられた。
それから62年後、人類は拠点を海王星に移して、反抗の最盛期を迎える。
しかし、ETは時間遡行を行い、過去の人類を攻撃するという戦略に変える。
それに対し、人類はメッセンジャーと呼ばれる人工知性体を主とする時間遡行軍を編成し、過去へと送り出す。

というのが大まかな設定。
主人公はメッセンジャーのオーヴィル。
メッセンジャーとは、人間身体を元にして、生殖と成長の能力を取り除き、代わりに耐久性と運動性を極限まで高め、外部情報網との連結機能を付与した人工知性体。
このオーヴィルを軸(というか他のメッセンジャーはほとんど活躍しない)に、時間遡行軍とETとの戦いを描いたのが、この作品である。

ぶっちゃけた感想を書くと、「『戦闘妖精・雪風』と『ターミネーター』シリーズを足して2で割って、100程引いたらこんな感じかな?」です。

書き下ろしなので枚数制限があったのかも知れませんが、最終防衛線である3世紀の邪馬台国に至るまでの過程を、もっと詳しく描いて欲しかったです。
オーヴィルのモチベーションの源であるサヤカとのエピソードに対する、彌与(卑弥呼)とのエピソードは物足りない。
邪馬台国に至るまでのETとの戦闘が二つの時代で描かれていますが、それも物足りない。
そして、ETとの決着の付け方も物足りない。
その他、ツッコミどころというか、説明不足なのか、考えてないのか、分からない点が多々ありました。
と、ないない尽くしで、実に食い足りない作品でした。

そんな感じで、★★☆☆☆

ところで、アレクサンドルはいつ目覚めさせてもらえるのでしょうかねぇ(笑)

P.S.
この作品も『失踪HOLIDAY』同様、私製電子書籍化してiPhoneで読んだのですが、本をバラしてしまっているので、古本屋に売れないというのはちょっと残念です(笑)

Amazonランキング:3077位
Amazonおすすめ度:

ラベル:小説 SF 小川一水
posted by smoky_air at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。