2009年04月12日

『とめはねっ!鈴里高校書道部 1〜4』



帯をギュッとね!』『モンキーターン』の河合克敏の最新作です。

何故4冊まとめてなのか?—それは『モンキーターン』が終了したのも『とめはねっ!』が開始されたことも諸事情により知らなかったからです(笑)

『帯ギュ』では「柔道」、『モンキー…』では「競艇」の世界を描いた河合克敏が新作で選んだのは、なんと「書道」。

どうなることかと思いましたが、さすが河合克敏、上手いです。

主人公は「ガッカリ帰国子女」の大江縁(男の子)と、「全日本柔道」で準優勝する程の柔道の才を持ち、異常に負けず嫌いな望月結希(女の子)。
この2人と3人の個性溢れる書道部の先輩達(僕的ヒットは加茂ちゃんと三輪ちゃんのコンビです)との「書道部ライフ」が丁寧な絵柄とストーリーで描かれています。

カナダからの帰国子女なので書道を全く知らない縁くんの視点を用いることにより、書道の基本を説明するシーンにも無理がありません。
また、この作品では恋愛にも力を入れるようです(『帯ギュ』の巧は幼馴染みの保奈美一筋でした。『モンキー…』の波多野は青島と澄との三角関係とかもありましたが、やはり競艇がメイン(だったと思います。なにぶん最後まで読んでないので(汗)))。
連載開始から「Boy meets Girl」の瞬間が描かれています。縁くんは一生忘れないのでしょうが、望月さんはもうすっかり忘れていることでしょう(笑)

鈴里高校書道部のキャラの他にも、ライバル校(書道のライバル校なんてあるのでしょうか?)「鵠沼学園」の面々など、魅力的なキャラが数多く出てきます。
『帯ギュ』では海老塚桜子という、主人公をしのぐ人気を獲得したキャラを創造した河合克敏の面目躍如というところでしょうか。

そんな感じで誰にでもオススメできるマンガとなっています。
★★★★★

【独り言】
相変わらず小説の方はさっぱり読んでないです。何時になったら読むのでしょうか僕は。
この後書くエントリ(予定。諸事情によりペンディング中)の作品もマンガばかりです(汗)
posted by smoky_air at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。
Posted by なお at 2009年04月13日 17:17
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
i1NDQ8xF
Posted by hikaku at 2009年05月05日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。