2009年04月22日

ウフコック永眠

L1010187.JPG

ウフコックが2009年4月20日に永眠しました。

前のエントリで「この後書くエントリもマンガ」と書きましたが、こんな形で違うものを書くことになるとは思いませんでした。
このエントリも書こうか迷いましたが、このブログを始めるきっかけが、ウフコックを飼い始めたことでもあるので書くことにしました。

ウフコックを飼い始めたのは2007年3月23日でした。
ペットショップで「3月中旬生まれ」と言っていたので、2年1ヶ月の一生でした。
ゴールデンハムスターの寿命は2〜3年ということなので、天寿を全うしたと言っていいのでしょうか。

手乗りハムにはならなかったし、人の気配があると巣から出てこないし(ごはんを要求する時は別)、触ろうとすると避けるし、思い描いたようなハムスターライフではなかったのですが、それでも色々なものを貰いました。

何かをする時、ウフコックのケージを見る癖が付いていることに気づきました。その度にからっぽのケージを見るのは正直辛いです。

なあ、ウフコック。僕はオマエと暮らせて幸せだったよ。
なあ、ウフコック。オマエは僕と暮らして幸せだったかな…


Twitterで慰めの言葉、お悔やみの言葉をくれた方々、ありがとうございました。
ラベル:ハムスター
posted by smoky_air at 10:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

『とめはねっ!鈴里高校書道部 1〜4』



帯をギュッとね!』『モンキーターン』の河合克敏の最新作です。

何故4冊まとめてなのか?—それは『モンキーターン』が終了したのも『とめはねっ!』が開始されたことも諸事情により知らなかったからです(笑)

『帯ギュ』では「柔道」、『モンキー…』では「競艇」の世界を描いた河合克敏が新作で選んだのは、なんと「書道」。

どうなることかと思いましたが、さすが河合克敏、上手いです。

主人公は「ガッカリ帰国子女」の大江縁(男の子)と、「全日本柔道」で準優勝する程の柔道の才を持ち、異常に負けず嫌いな望月結希(女の子)。
この2人と3人の個性溢れる書道部の先輩達(僕的ヒットは加茂ちゃんと三輪ちゃんのコンビです)との「書道部ライフ」が丁寧な絵柄とストーリーで描かれています。

カナダからの帰国子女なので書道を全く知らない縁くんの視点を用いることにより、書道の基本を説明するシーンにも無理がありません。
また、この作品では恋愛にも力を入れるようです(『帯ギュ』の巧は幼馴染みの保奈美一筋でした。『モンキー…』の波多野は青島と澄との三角関係とかもありましたが、やはり競艇がメイン(だったと思います。なにぶん最後まで読んでないので(汗)))。
連載開始から「Boy meets Girl」の瞬間が描かれています。縁くんは一生忘れないのでしょうが、望月さんはもうすっかり忘れていることでしょう(笑)

鈴里高校書道部のキャラの他にも、ライバル校(書道のライバル校なんてあるのでしょうか?)「鵠沼学園」の面々など、魅力的なキャラが数多く出てきます。
『帯ギュ』では海老塚桜子という、主人公をしのぐ人気を獲得したキャラを創造した河合克敏の面目躍如というところでしょうか。

そんな感じで誰にでもオススメできるマンガとなっています。
★★★★★

【独り言】
相変わらず小説の方はさっぱり読んでないです。何時になったら読むのでしょうか僕は。
この後書くエントリ(予定。諸事情によりペンディング中)の作品もマンガばかりです(汗)
posted by smoky_air at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

PS3はタダモノではなかった

先日ふとしたことからネットを検索して、こんなアプリを見つけました。

PS3 Media Server

その名の通りPS3をDNLAのメディア・サーバーにしてくれるというアプリです。
実際はこのアプリをインストールしたマシン(Mac, Windows, Linux)がメディア・サーバーになるのですが、使用上は、PS3がメディア・サーバーという感じです。
DNLA機能はどうやらPS3の発表当初はなかったらしいので、そんな機能があることを購入後も全然知りませんでした(マニュアル全然読んでません(笑))。

このアプリのすごいところは、

 1.DVDのイメージから直接リアルタイムでエンコードしてPS3にストリーミングできる。
 2.Mac(僕の場合)内の動画ファイルの形式がPS3に対応したものでなくても、エンコードしてストリーミングできる。
 3.Javaで書かれているので前述の3つのプラットホームで使用可能。

というところでしょうか。

まあ、一番スゴイのはこのアプリのエンジンのMEncoderなんですけどね(笑)。
コイツが大抵のコーデックの対応しているので、手持ちの動画のコーデックを気にせず気楽に視聴できます。

で、ちょっと使ってみました。

まずは、DVDのイメージから直接ストリーミング。
手持ちのDVDから選んだのは『エイリアン
このDVDのイメージをリップしてやってみましが、ちゃんと字幕も化けずに再生できました。
しかしMacでエンコード→ストリーミングなのでDVDのチャプタースキップなどは無理のようです。
MacでエンコードしないでデータをPS3に送って、PS3でエンコードとかしたらいいように思うのですが、素人の浅はかさなんでしょうか。
この方法は、元のDVDのデータを全く損なうことなく利用できるのでとてもステキなのですが、いかんせんイメージファイルそのままの容量が必要となるので、HDDの容量と相談しないといけません(笑)

次は、Mac内の動画ファイルのストリーミング。
なぜかmp4ファイルは再生できず。コーデックはH.264だったのですが「対応フォーマットではありません」という表示が出て再生できません。
MEncoderは立派にH.264に対応している(実際サムネイルは表示される)ので、おかしいなぁと思いながら、適当にmkvに拡張子を変えてみたらあっさり再生しました(笑)。
これで万事OKと思ったのですが、何故か途中で再生が止まってしまうファイルあり。
Macでは問題なく再生できるのですが、なんでですかね。謎です。

まあ、そんなこんなで、まだ問題もあるようですが、これでリビングの大画面プラズマテレビで動画を鑑賞することが出来るようになりました。
「PS3はゲームマシンではない」って言うのは本当だったんですね(笑)。
リビングにいる時間が増えそうです(笑)。
ラベル:PS3 Media Server
posted by smoky_air at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。